日別アーカイブ: 2017年10月12日

複数マシン間で、atomで取ったメモを同期するための環境を整えた

自分は、いろんな作業をするときに、人に報告したり、twitterに書いたりするほどでもないことを、atomを使ってmarkdown形式でメモをとりながら進めています。
1台のマシンでメモを取るだけなら、シンプルでいいんですが、VMを含め、複数台のマシンを行ったり来たりしながら作業するとなると、これらの間でどうやってメモを同期するか、という点が悩ましくなってきます。
今回のエントリは、どうやってatomを用いて、複数のマシンでどうやってメモを同期させるか考えたっていう、そんなお話。

TL;DR

  • atomのsync-on-saveはとても良い
  • WindowsとLinuxだとパッチ当てないと動かない(2017年10月12日時点)

gitでメモの同期をとりたい。でもコマンド打つの、面倒だな。

ファイル単位で同期を取る仕組みというのは、atomには色々あって、たとえばRemote-FTPというパッケージで実現することができます。
最初はこれを使っていたんですが、同期の粒度がファイルだと、複数のマシンで同じファイルを変更したときに、どちらかがどちらかをうっかり上書きして、せっかく書いたメモを失う、なんてことになりそうだなと思いました。
実際に上書きをしてしまったことはなかったものの、そういうことが起こりうるということを意識しなければならないのがなんとなくストレスでした。

だから、ファイルよりも小さい単位で同期を取りたい。
そうだ!僕達には、gitがある!gitを使おう!と考えました。

でも、gitも、コミットメッセージを書いたり、共有のためにpushしたりと、やらなければいけないことが多くてちょっと面倒です。

sync-on-save というパッケージに面倒事を引き受けてもらう

どうせ、自分が適当に見るメモなんだから、コミットメッセージなんて適当に自動でつけてくれればいいし、pushも勝手にやってくれればいいのに。
そんなパッケージないかなー?と探してみたところ sync-on-saveというパッケージがありました。

このパッケージを使って救われました。本当に欲しいものそのものでした。
コマンドパレットからEnable Syncすると、ファイルを保存したタイミングでgit commitとgit pushを自動でしてくれます。
あとなんか他の場所で同じファイル編集してたらmergeもしてくれる。

本当に便利だ。素敵だなぁ。

LinuxとWindows向けにバグがあって動かなかった→なおした

2017年10月12日時点でダウンロード可能な、バージョン0.1.4にはちょっとしたバグあり、WindowsとLinuxでは動きません。
直したのでプルリク投げてみるつもりです。

差分は1行なので、これ読んで今すぐ使ってみたい!って思った人は、sync-on-saveをインストールした上で、コードを直接いじるのが楽そうです。
コミットの情報はここにおいときますので参考にしていじってみてね。

https://github.com/sirrow/sync-on-save/commit/7df50d7094156b9fd030ab698a6ff69a680177af

おしまい。

本文に書ききれなかったけど書きたかった事

sync-on-saveを作った人について

sync-on-saveを作った人すごいなぁ、ありがたいなぁ。プルリクも投げなきゃいけないし、どんな人なんだろう?って思ったので調べてみたら、 Hajime Morita さんでした。
そういえば、rebuild.fm 聞いたことないし、今度聞いてみよう。

昔はssh + screen + emacsでメモを取ってた

自分は一昔前は、VPS上でscreenを動かして、その上で動かしたemacs -nwに、色んなマシンからsshでログインした上でattachしてメモを取ってました。
これはこれで悪い方法じゃなかった気がします。手軽だしね。ただ、ネットワークから切断されるとつらいんだこれ。
gitなら手元にコピーあるからネットワークなくても編集できるしね。そんなところが素敵。