『本当にキックを足しただけです。』という日本語の裏にあるもの

というわけで、Persona 4の曲がかっこいいということで、Never Moreのeditもしてみました。

https://soundcloud.com/sirrow/never-more-cs-house-edit

で、ここに『本当にキックを足しただけです。』と書いてあるのですが、キックを足すためだけにやった作業がどういうものであるかということについてちょっと書いてみようと思います。

  • サンプラーのセッティング

Battery1. ディケイの調整

キックの胴鳴りの長さは、家で聞いているとよくわかりませんが、低音がちゃんとなる場所で大きい音で聞くと影響が大きいパラメータです。
短ければさっぱり目。長ければ沈むような感じになることが多いので、曲のイメージに合わせて調整します

2. 音程の調整

もともとなっているキックとの相性を考えておかしくない高さにします。

3. 音を汚す

大昔のサンプラーは、ビットレートが低かったり、ビット深度が低かったりします。そういう音をきいて育ってきているので、最近の高性能なサンプラーだと逆に音が綺麗過ぎて物足りないなーって思うことはやっぱりたまにあります。
昔であれば、サンプラーから音を出した後に、デシメータやビットクラッシャーで音を汚すのですが、最近のサンプラーには、昔のサンプラー風の汚れた音を出すというパラメータがあったりしてこれで事足りたりするからすごいです。いやー。すばらしい。

  • 元音源の音質調整

もとの音源は、もちろんハウスじゃありませんので、キックを足したらハウスになるように音質を調整していきます。
キックは自分で足すから控えめに。ベースとハットは目立つように。みたいな気分で。あと、全体的にちゃきっとするように高音少し強めかな。みたいな。

  • 元音源のベースと足したキックの関係の整理

一般的に、世の中に出回っている音源は、各帯域の音量が極端に大きくならないように、マスターにマルチバンドコンプを刺します。これで、キックとベースが同時になったときに、妙に低音が膨れたりしないように調整されています。
しかし、今回は後からキックを足しているので、キックがなったときに低音が大きくなりすぎないように調整する必要があります。
なので、サイドチェイン入力がマルチバンドコンプを元音源のチャンネルに入れ、低音にコンプレッションをかけます。もちろんサイドチェインには今回追加したキックを入れます。これによって、キックが鳴ったときに元音源の低音(=ベース)の音量が小さくなるため、キックを目立たせつつ、低音が大きくなりすぎることを防ぎます。

  • 元音源のキックと足したキックの関係の整理

元音源の低音は「元音源の音質調整」で削りましたが、それでもアタックの部分は低音だけではなく比較的高音(4000Hzくらい)まではあるので、やっぱりぶつかったりしますし、低音もEQでは削りきれず、元音源のキックと足したキックが同時に鳴った場合に、すごくキックが大きく聞こえてしまうという場合があります。
これを解決するため、元音源とキックを足した場所(たとえばmaster)にマルチバンドコンプを入れ、元音源のキックと足したキックが同時になって音量が増えた場所のみにリダクションがかかるように調整します。
これにより、キックが同時に鳴ることによる違和感を抑えることができます。

  • 最後に音質調整

で、最後にEQとかで音質を整えて、リミッターとかで適当に音量を稼ぎます。

 

『本当にキックを足しただけです。』の作業内容は以上となります。
キックを足すだけでも結構大変なんだからね!

DJ機材を手放して小さく暮らす。

今、1人で2DKにすんでいるのですが、近々結婚してもう1人住むぞってことになりつつあるので、部屋の中のものを頑張って減らそうと試みています。
具体的には、DJ機材まわりの整理です。
CDJ1000 mk3を2台とDJM-900nexusとタンテを売って、DJ機材を置いていた横幅150cmのメタルラックを部屋の中からなくすことを目標にしています。
CDJとDJMは外箱も押入れの中に綺麗にとってあるせいで、押し入れのなかを圧迫していたので、この二つを手放すことによる効果はすごく大きかったです。
タンテはまぁ、もう持ってなくてもいいかなぁと。もともと中古だったし、必要な時に買い戻せばいい。1台は再生用に持っておけばいいよね。と。

で、替わりというわけではないですが、DN-MC6000というPCDJのコントローラを買いました。楽曲のmix、masteringをしたときにやっぱりDJで使ってみないと正直なところよくわからないよねという面はあるので。人前に持って出ることはないのでいえで適当に使えればいいやと。ちなみに5万7千円くらいでした。
4deck扱えるPCDJコントローラの中ではおそらく最小のサイズで、横幅はタンテの横幅と同じで、奥行きはタンテの3分の2くらい。その中に4chをコントロール可能なボタンやノブがみっしり入っています。だけど、従来、アナログやCDJから来た人でも理解可能なように、理路整然と配置されて居るので混乱しない。いい買い物したなーって思ってます。
ちなみに、AUDIO IFとしての機能も持っていて、音質も上々です。RMAAで計測した結果もあるのでまた今度まとめます。
使わないときはしまっておけるし、しまったときのサイズもCDJ+DJMに比べてずいぶん小さいし、素晴らしい。

あと、ばかでかいSANSUIのアナログアンプ(中古で購入時1万円)を捨てて、2000円位の小さいD級アンプに置き換えました。
ものとしてはこれです。

元々使っていたSANSUIのアナログアンプよりもレンジが広いかなと。サイズもすごく小さくなったし大満足。

結果としては、手放したもの、新しく買ったもの両方あるけど、かなり小さくまとまったので、メタルラックはなくせる見込み。よかったよかった。

Persona 4 の OP 曲を edit してみました。

https://soundcloud.com/sirrow/pursuing-my-true-self-cs-house

というわけで、アニメも見てないし、ゲームも遊んでないのですが、なんだかいい曲だったので、Persona 4のOP曲、Pursuing My True Selfをeditしてみました。

解説はリンク先にあるので適当にそっちを読んでもらうとして。

ああ、ゲームはP4Gを嫁から借りたので年末年始に遊ぼうと思います。せっかくの機会なのでほかにもP4の曲いじりたいなー。

あと、小ネタですがこういうのも書いてみました。