迷惑スペクタクルの音質が悪かった件について、あざなえるなわのごとしさんにリンクされていた件について考えてみた。

以前に書いた迷惑スペクタクルの記事なのですが

http://azanaerunawano5to4.hatenablog.com/entry/2014/02/13/111801

有名なブログからリンクされていまして、それを久々に見てみたら、なんか誤解されてるなーという気がしたので、ちょっと文章を書き散らしてみます。

元の音がどうあれ、加工する人間の技術が「ぐぬぬ…」なら音も「ぐぬぬ…」になってしまう。

とのことなのですが、僕は、迷惑スペクタクルの音作りに関わった人に技術が足りていないとは全然思っていません。ニコニコやsoundcloudに良い音源を作ってアップしている現状を鑑みれば、音楽を作ること自体はそんなに難しいことではないと思います。なので、プロとして活動している人にはもちろん技術は備わっていると思います。

ただ、音楽を作ること自体の難しさと、音楽で生活に必要なお金を短いスパンで稼ぐ難しさというのは別のところに存在すると思っています。音楽で要領よくお金を稼ぐためには音楽自体を棄損しなければならないみたいな側面がどこかにあるのではないかと思っています。なので、自ずと生じてくる「音楽で生活するために音楽を犠牲にしてしまうプロの存在」が、素人の立場から見たときになんとなく腹立たしいというのが自分の思っているところで、なんか誤解されているなぁ。という気がしました。ので、なんとなく文章に起こしてみました。

まぁ、原因は違えど、結果的に

雑な仕事をする人間が間にいれば、雑な音が届けられてしまう。

ことには、なんら代わりはないので、アレなんですがね。あれ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。