4K モニタを 2 枚買った

27 インチの 4K モニタを買いました。
LG の 27UL650-W というモデルで、1枚あたり4万3千円くらいでした。
電車が人身事故で止まってしまい、仕方ないなといって降りた駅近くにあった電器屋さんで見かけて、ベゼルも狭くてシンプルな出で立ちだし、これいいんじゃないか?って思ってこれに決めました。

https://www.lg.com/jp/monitor/lg-27UL650-W

これまでは、12年ものの 24 インチの WUXGA のモニタを 2 枚、縦にモニターアームを使って積んでいましたが、今回同じように縦に積みました。
12年も使ったんだから、もう流石に新調していいだろうって。

モニターアームは、24 インチから 27 インチに大きくなったんだから、モニターアームも長いものにしなきゃと思ったんですが、実際には長くする必要がなくて、上の方にはみ出してしまってなんか不格好になりました。
これは高さが 70cm あるんですが、60cm くらいで充分足りました。これはちゃんと計算すれば事前にわかったことなので、反省。

高解像度のディスプレイを使ってみて思ったのだけど、パソコンの文字が読みづらいと感じる一端は、解像度の不足だったかもしれないなーって思った。解像度が高いと単純に文字が読みやすくなる。

MacOS で使ってみた

最近 Macbook Pro 13 を買ったので、thunderbolt から hdmi への変換を 2 つ買って、2 枚のモニタに表示してみました。
仮想解像度は、2560 x 1440 くらいが、自分にはちょうどよかったです。
確か、27インチの5KディスプレイのiMacも仮想解像度の横幅が2560だったはずだなので、作ってる側も想定しているくらいの密度なんだろうなーと勝手に思いながら使っている。
画面に出せる情報量が増えて、文字もきれいで読みやすくなったので大満足。

主にブラウザ、vscode、IntelliJ、terminal くらいしか使っていないので、特段困ったことはありませんでした。
昔から高解像度モニタに対応しているからストレスなく使えるなーって感じ。

Windows 10 で使ってみた

Scaling は 175% にして使ってみた。
ブラウザ、vscode、IntelliJ あたりはまともに動く。

Studio Oneもまともにうごく。一部のvstプラグインについては、Studio One 側の機能であるスケーリングがまともに効かない。
普段から使用頻度が高いVSTがうまく動かなかったりするのでそこそこストレスフルだけど、まぁ許せる範囲。

Arch Linux(xfce4) で使ってみた

上記 Windows 10 にインストールされた VirtualBox 上に作った Arch Linux の VM に、以前から xfce4 環境を構築していたものの設定を変更。
設定を変更したのは下記URLに記載のある1箇所だけ。何の問題も生じていなくていい感じ。

https://wiki.archlinux.jp/index.php/HiDPI#Xfce

十三機兵防衛圏を遊んだ

Vanillaware 開発、アトラスから発売の、十三機兵防衛圏を遊んだ。
以前に遊んだオーディンスフィア レイヴスラシルの絵面がすごく好みだったので遊んだ。
オーディンスフィア レイヴスラシルと同じくらい絵が綺麗だった。
http://13sar.jp/

なかなかおもしろかった。

ネタバレすると良くないゲームなので詳細については触れない。
プレイ時間は35時間くらいでした。

過去の面白いアニメをおすすめされて、最初の1話を見たらハマってしまい、12話一気に見てしまうような人におすすめできると思う。

登場人物が多く、関係性も複雑で、薄い本が厚くなるような要素が多い。
アニメ化されたりして、多くの人の目に触れるようになれば、薄い本も増えるかもしれないと思うけど、話の作りやアートワークの関係で、それは難しそうだなぁと思う。
ゲームというフォーマットじゃないとダメなんだ、という作品だと思う。
多くの人に遊んでほしいなぁ、と思います。

2019年が終わります。

こんにちは。2019年最終日ですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は、2019年12月26日にインフルエンザA型と診断されたので、家族にインフルエンザを移してしまわないよう、寝室からできるだけ出ない生活を送っています。
まさかテン年代(この言い方ももはや全然されなくなりましたね)の最後5日を自室に引きこもって過ごすとは思っていませんでした。

そんな極めて冴えない年の瀬なのですが、2019年ってどんな年だったんだっけ、と、思い出してみることにします。

1月 iOS 用のエディタを作っていた

ここ数年、普段、自分はテキストを書くときにはvscodeを使っていて、保存時には適当なコミットメッセージ付きで自動的にgit commitとpush をするようにフックを仕込んであり、その御蔭で複数箇所でファイルを弄り回してもだいたい同期が取れてくれる状況にしています。
で、同じことが iOS でもできるといいなと思って、xamarin、react native、iOSのネイティブなんかで、エディタテキストを書いたら自動的にどんどんgit push してくれるようなものが欲しくて、作れないかなーってやってました。
結果としては、iOSのネイティブでそこそこ思ったとおりに動くものがかけたものの、テキスト編集が快適かといわれればそうでもないし、開発に使ってたメモリ4GBしか乗ってない2014年のmacbook airではxcode動かすというだけでやたらストレスフルだったりもして、若干手間ではあるけど、結局あり物のエディタとgitのクライアントを組み合わせ使うほうがいいや、というところに落ち着いてしまいました。

2018年12月〜2019年2月 転職活動

転職活動しました。といってもたまたま見かけた求人広告に飛びついてそこの電話インタビューと面接を数回受けただけなので、いわゆる、複数の会社を受けて条件のいいところに決めるみたいな一般的に転職活動と呼ばれるものとだいぶ違ったように思います。

3月 プリンタ新調

割と長く使ってたプリンタが壊れた。
裁縫用の型紙を印刷したり、紙をスキャンしたりとなにかと便利だと言う理由で買い替えた。
基本、紙なんてなくなればいいくらいに思っているけど、まだまだ紙のほうが便利な場面ってのはたまーにある。

4月 新職場へ

転職後の職場は赤坂見附で、そこへの通勤が始まりました。
かつでdoot to door で片道15分だった通勤は、一気に6倍の1時間半に。
うち、電車の中で経っている時間が50分ほどあるので、この時間を使っていろいろなことをしたいとおもって、ipad miniを買ったり、op-zを買ったり、イヤホンを新調したりしました。
本当は、毎日電車で座れて、ノートPC開いて何かできればいいんですけど、通勤電車で座れることは望めないし、たったまま何がどこまでできるのか、みたいなのを日々追い求めています。

5月 インターネットをした


めっちゃバズって、まとめサイトからカツオのたたきももらった。

apple 製品のデザインってよく考えられてるんだなぁと思った出来事だった。

5月〜 新しい仕事

仕事としてはLinux のテクニカルサポートエンジニアをやっているのですが、ディストリビューションに入ってるものはなんでも見なきゃいけないような感じなので、プログラミング言語何でも読めないといけないし、ディストリビューション全体の仕組みも知ってなきゃいけないし、それ以外の会社のプロプラミドルなんかも知ってなきゃいけないしでなかなか大変でずーっとバタバタしていて、未だにばたばたしてます。
毎日、知ってることよりも知らないことのほうが多い、ということを追認しながら生きる日々になっています。

すべてを事前に知っておくことはできないし、もちろんすべてを覚えておくこともできないので、知りたいことを高速に知るための方法が大事だなぁと、ここ最近は特に思います。

10月 こたつとmacbook proを買った

こたつを買った。
こたつを買ったら、コタツで快適に過ごすために早いノートPCがほしくなったのでmacbook pro 13を買った。
windowsのノートとどっちにするか結構悩んだんだけど、ctrl+p,n,f,b がwindowsだと使えなくてきっとイライラすると思ったので、macにした。
escキーが無いけど、そんなに不便じゃなかった。そんなに使ってないんだな。esc。

11月 VPS移転した

全部docker-containerに入れた。色々勉強になった。

12月 Re:animation 10th Anniversary Kickoff 出た

出演陣にも古めの面々がそこそこおり、遊びに来てくれた人の中に、懐かしい面々も多数あって、ああ、自分には知り合いがたくさんいたわ、ということを思い出した。
ただでさえ出不精だし、子育てあるからみたいな理由付けでどんどん外に出ることが少なくなってるんですが、行くところに行けば知り合いいるし、寂しがる必要はないのだなと。


とまあそんな感じで、中盤はとにかく慣れない通勤と仕事と、あと育児にかかりっきりで変わったことがこれと言ってない一年でした。
来年は、もうちょっと曲書いたりDJで人前に立ったりしたいなぁって思ってます。
下の子もそろそろ2歳になってきて安定感も出てきたはずなので、少しくらい家空けても大丈夫だ、という雰囲気になればいいなと。
逆に、妻が家空けても大丈夫だという状況にもしたい。

あと、やっぱ、DJの現場あると曲も書けるっぽいぞってこともわかってきたので、なんかありましたら割と気軽にお声がけください。
そんな感じでありがとう2019年。

オーディオ・プラグイン解析ツール Plugindoctor で遊ぼう! を読もう!

学校の教科書にも使われたりしている、とーくばっくを書いたDavid Shimamotoさんの新刊、「オーディオ・プラグイン解析ツール Plugindoctor で遊ぼう!」が近々、ネット通販及び即売会にて発売されます。

コタツは最高だな

リンク
オーディオ・プラグイン解析ツールPlugindoctorで遊ぼう!のご案内 (本の公式ページ)
Plugindoctor (ソフトの公式ページ)
とーくばっく~デジタル・スタジオの話のご案内 (本の公式ページ)

この本を作るあたって少しばかりお手伝いさせていただいた絡みで、一足早く本をいただきました。
David Shimamotoさんの前作であるとーくばっくを読んだ時にも書いたように、この本がどんな物なのか、ということについて、買うかどうかを悩んでいる方の背中を押すため、ちょっと書いてみようと思います。

本の構成

大きく2部構成です。

前半は Plugindoctor で計測可能なデータについての説明が行われいます。
私はこの本が届く前に、Plugindoctor を購入していました。
本が届いてすぐに本の内容を確認しながら、Plugindoctor を使って使用頻度の高いプラグインについて調査を行ないました。
一部計測内容が複雑であり、計測結果の読み方が難しいものはありますが、おおよそ計測可能な項目について理解することができました。
Plugindoctor 自体のマニュアルについては目を通しておらず、計測項目がおおよそ理解できたのはこの本のおかけだなと思っています。

後半は Plugindoctor による調査の結果に対する著者の考察が主な内容になっています。
こういうグラフが出てきた場合にはこういうふうに考えることができるのか、という実例集として非常に役に立つと思います。

この本の良いと思うところ

文面により知識を共有するだけでなく、読者自身がさらに自分の興味に基づいて自身で調査を行うために必要な情報が記載されていることが良いなと思います。
是非、Plugindoctorのソフトウェアを購入して、この本を片手に、普段お世話になっているプラグインたちのことをもっと知ってみてはいかがでしょうか。

自分がよく使うプラグインを実際調べてみた

自分がよく使うプラグインについていくつか調べてみました。
数時間くらいですが結構いろんなことが分かりましたので、こんなことがわかるよ、という例を書いてみようと思います。

  • 同じアナログのEQをモデリングしたプラグインで、同じようなパラメータに設定しても結果が全然違うことが目で見て明らかにわかった。音が違うという印象がもともと強かったが、実際にぜんぜん違うことが明らかになった。
  • アナログEQのモデリングプラグインに音を通しただけで歪みが付加されることが目で見てわかった。また左チャンネルと右チャンネルで歪み方が若干違うことが目で見てわかった。
  • 通すとスッキリすると思っていたアナログのモデリングのEQは、通すと実際に低音がroll offし、高音が持ち上がっていることが目で見てわかった。自分の感覚が計測上も正しいこともわかった。

ほんの触りですが、こんな感じでいろいろわかりました。
どうですか?わかりたくないですか?

まとめ

本と一緒にソフトも買いましょう!
いつも使っているvstを調べてみれば結構いろいろわかる!
感覚と計測データの関係についてもわかるようになって捗る!

オーディオ・プラグイン解析ツール Plugindoctor で遊ぼう!
もうすぐ発売です!

もう一回リンク
オーディオ・プラグイン解析ツールPlugindoctorで遊ぼう!のご案内 (本の公式ページ)
Plugindoctor (ソフトの公式ページ)

ノートPCを新調したりVPSを乗り換えたりした

なんか、最近、普段家で使ってるコンピューター周りを色々変えたのでそれについて書いてみる。

ノートPCを新調した

2014年頃のmacbook air 11inch から、色々悩んで2019年のmacbook pro 13inchのusb c端子が4つついてる方に乗り換えた。VMなどをそれなりに動かすことになるだろうと考え、メモリは16GB、SSDは512GBにした。
新調の一番の理由は、コタツを導入したのでコタツで色々できるようにしたかったけど、それには5年前のmacbook airでは主にメモリの量を中心に辛いと感じることが増えてきたこと。
新調にあたっては、現行の各種macbookはusb cしかついていないことが気に食わず、windows のノートPCにしようかなとも思ったのだけど、そうすると、ctrl + p,n,f,b あたりでのカーソルの移動ができない場面が増えてストレスを溜めるのだろうなぁと思ってしまったので、結局macにしてしまった。

usb cについては、実はあんまり外に何かを付けて使うということ自体がないけれど、もしもつけたとしても、電源やら画面やらを1本のケーブルにまとめられて、今はもう便利だとしか思わない。
昔は、usb cからいろんな端子に変換するための変換器みたいなのの種類が少なかったり値段が高かったりで大変だったみたいだけど、2019年だともうそんなでもないのかなと思った。

そんな感じで、家に帰ってきてもコンピューターいじるときは机と椅子に座ってガッツリと向き合うしかなかった状態が、こたつで緑茶でも飲みながらのんびりと色々する、みたいに変わった。

あと、結構前だけどテレビにkindle fire tv stickを刺した。なので、家族と一緒にスマホで撮った写真をみたり、webページを一緒に眺めたりといったときも、kindle fire tv stick に Air Playで接続してさっさとテレビに画面を表示できるようになった。これが想像以上に便利で、テレビは見るだけのものから、家族の間で情報を共有するための道具に変わってきたな、みたいな意識の変化があった。

windowsのノートPCを選んでいたら、Air Playではなくmiracastで画面を表示することになると思うんだけど、miracastについては使ったことがなく、どの程度使い勝手が良いものなのか知らない。実際のところどんな感じなんだろうか。

VPS乗り換えた

かれこれ7年くらい、sakuraのVPSを何度かインスタンスのタイプを乗り換えつつメインで使い続けてきたけど、支払いが月極なので、遊ぶ際にインスタンスを新しく作ったり破棄したりといったことがやりづらくて辛いという理由で、色々お試しするときののVPSについては別の海外のVPS業者の日本リージョンを併用している状況が1年ほど続いていた。
(sakuraにおいて、インスタンスを上げたり壊したりといった用途には、おそらくsakuraのVPSではなくsakuraのクラウドが想定されている。だから、自分がsakuraのVPSがターゲットとする客ではなくなってしまったので辛いという話であって、sakuraのVPSのサービス内容が良くないというわけではないと思う。)
海外VPSを1年使って、これと言ったトラブルも特になかったため、sakuraの方は引き上げ、海外VPSの方に一本化した。
もともとsakuraにメモリ2GBのインスタンスが1台、海外VPSの方にメモリ1GBのインスタンスが1台あったが、これを4GBメモリの海外VPSに1台にまとめた。
値段的にはsakuraのメモリ2GBと海外VPSのメモリ4GBが同じ価格だったので、月々の支払いは減ることになったし、管理対象も減ったし、いい感じだなーと思っている。

引っ越しにあたり、勉強も兼ねて、ホストOSの上にソフトを色々インストールするのは控え、全部dockerコンテナの中に入れた。全部のサービスをdocker-composeで管理するようにした。
結果として、自分がどういうサービスを立てているのかということが明確になって、覚えておかなきゃいけないことが減ったので良かったなぁと思った。

あ、なので、このblogも実はお引越ししたあとだったりします。なんとなくテーマも変えました。

k8s のクラスタを組んでその上に全部移すということも考えたけれど、自分が動かしっぱなしにしておきたいアプリケーションの総量に対して、k8s 自体の主にメモリに対するオーバヘッドが大きすぎてなんかもったいない気がしたというのと、スケールアウトしなきゃいけないほど上で動くアプリケーションが増えたり減ったりするわけでもなく、コンテナ冗長化をかっこよく行う必要も特にないなーと思ったので、シンプルにdockerとdocker-composeで全部済ませてしまうことに今回はした。
k8s がこなれてきて、オーバヘッドがあんま気にならないくらい小さくなってくるというか、オーバーヘッドが小さい構成も手軽に組めるように状況が整ってきて、自分自身がそれを使いこなすノウハウがこの先数年で溜まったら、k8sベースにすることもあるのかもしれない。と思う。

なんかまぁ、そんな感じです。
全部コンテナに入って取り回しが良くなったので、調子よく色々やっていきたいなー。